ノマド生活

旅先で何もしない「ゆるだら旅」についてまとめたよ

投稿日:2019年6月1日 更新日:

旅行というと、雑誌などで下調べや予約が面倒で、現地で色々なところに行って疲れる。

そんなイメージがあるけれど、「消耗しない旅」があってもいいと思う。

航空券や宿だけ取って、現地に向かう。

行ってしまえば何もしていなくても「旅行している」ことになる。

いいじゃん「何もしなくたって」。

見える景色、泊まる場所、食べるもの、それがいつもと違うだけで十分旅だ。

これまで行ったゆる暮らし。よりも更に酷い、旅先で何もしないだら旅について書いた話をまとめてます。

疲れているからこそ、こんな旅だってありだと思う。

2017年7月ーバリ島

退職後の有休消化で、念願の海外のゆるい旅。チキンに10日間ですが、社会人だった私にとっては長い旅。なーんにもしないバリ島を楽しみました。

スマホに、漫画と本を詰めよう。バリ島には最低で最高の読書環境が整っている。

2018年2月ー沖縄

航空券が往復15,000円だったので初沖縄。
1週間、国際通りのホステルで商店街をぶらぶらしてただけの旅がとっても楽しかったという話。

お疲れ気味の人は、オフシーズンの旅行がいいと思う。そうね、2月の沖縄とか。

2018年3月ー奈良

奈良に4泊もしたら色々できるなって思ったんですけどできませんでした。という話。

毎日出来ないことだらけでも、「〜したかった」という後悔こそ希望のあることなのだ、奈良。

2018年3月ーペナン島

ちょっと遠くの新しい国に行ってみようということでマレーシア旅行に。美食で街並みも綺麗で、翌年も行く大好きな街になりました。そこで通ったローカルのお店についての小話。

50円の珈琲店に二度通う、ちょっと暮らした気になるペナン島。

2018年4月ーランカウイ島

「南の島で何もしない」をやってみたかったので、1週間ほど行ってきた話。

あなたが休む事は、誰かを助ける事にもなりましょう。自然とリゾート・ランカウイ島。

(随時更新)

-ノマド生活

Copyright© 世界で、ゆる暮らし。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.