ゆる暮らし ノマド生活 マレーシア

マレーシア・ランカウイ島「南の島で何もしない」方法

投稿日:2019年6月6日 更新日:

2018年3月の話です。

私は前年12月〜2月まで日本で仕事をしていました。冬なのに日本に…

なので、この仕事が終わったら思いっきりリゾートしたーい!「南の島」がしたーい!となりまして。

だったら行きやすいけどそこまで定番なところでもないというマレーシアのランカウイ島に行ってみようということに。

マレーシア・ランカウイ島の航空券

クアラルンプールから直接行くこともできますが、私はペナン島に行ってからランカウイ島へ行くというルートに。
この時の経路は名古屋⇨タイ・バンコク⇨マレーシア・ペナン島⇨ランカウイ島⇨クアラルンプール⇨名古屋と色々な都市を楽しみながら移動していました。

航空券は、すべて片道で手配。

マレーシア国内の航空券は数千円という高速バスみたいな値段でびっくり。さすがエアアジアの本拠地ですね。

マレーシア・ランカウイ島の雰囲気とホテル

ほぼホテルから出ませんでしたが、かなり自然が残った島ですね。

ところどころに街があり、中規模なモールもありました。

島内の移動はGrabタクシーをアプリで呼んで、300円前後程度で自由に移動できるので楽。

今回は「南の島で何もしない生活」ということで選んだホテルはこちら。個人的には2018年のベストコスパのホテルだと思います。

マレーシア・ランカウイ島での過ごし方

朝はバイキングでご飯を食べ、すぐにプール。

そのあとはもう一箇所の落ち着いた雰囲気のプールに移動して作業をしたり、海で読書などゆるゆる過ごし、昼寝をして、夜ご飯を食べに行き…

のループ生活。

そんな生活を続けて行くとだんだんとゆるーーくなっていき…

なんてツイートするほどにゆるーくなってました 笑

南の島のいいところは🌴

・良くも悪くも外のみが魅力なので、太陽に当たる
・海やプールで適度な運動
・日が沈むと魅力ゼロなので早く寝る
・フルーツたくさん食べられる🥝🍊🍉

ところが健康に良いと思います。

そうしてゆるーりと過ごしていて、最終夜(エイプリルフール)はこんな感じ。

あとは3月末あたりから行ったのですが時期的にも良かったのでオススメ。

ほぼホテルにいたので、次はもう少し開拓してみたいですね。ではでは!

-ゆる暮らし, ノマド生活, マレーシア

Copyright© 世界で、ゆる暮らし。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.