ノマド生活

ノマド生活の日常ってどんな感じ?②【高級ホテル編】

投稿日:2019年4月11日 更新日:

「海外ノマド」「旅して働く」「一日2時間しか働かない」って、実際どんな一日を過ごしてるの?

割と聞かれるので、独立して1年半ぶらぶらしている私が自分の生活をまとめてみました!

今日は二つ目の高級ホテルでの暮らしについて書きますね。

その1はこちら

ノマド生活の日常ってどんな感じ?①【海外ホステル編】

高級ホテルでの暮らしについて

高級ホテル…と書きましたが、この一年半は東南アジアが中心なので、一泊一部屋2万円程度以上の価格感のところをイメージしています。

それくらいだと、いいコスパのホテルに滞在できるので開拓が楽しいです。

ただ、この金額で高級ホテルと書いてるのも恥ずかしいので、以下表記を「いいホテル」とかにします 笑

それぞれ、自分の基準でのいいホテルという意味で考えるといいかも。

いいホテルでは、ほとんどホテルから出ない暮らしを楽しみます。

これは私が庶民だからで、いいホテルなのだからめいいっぱい楽しみたいためです!笑

今は色々開拓したいというのもあって、一度の滞在には2件ほどいいホテルを取っていますね。

ホテルのタイプと過ごし方について

ホテルの過ごし方は、ホテルのタイプによって2つに分けています。

・都市系ホテル

・リゾート系ホテル

都市系ホテル

主に都心部での滞在で、部屋やラウンジでのステイを楽しみます。便利な立地なのがよき。

ここでやること

・高単価の仕事
・戦略や計画を立てる

など頭を使うもので、現実的な仕事が向いてます。ここで請求書発行とかただの作業はもったいないかなぁと。

そして中途半端な部屋よりも、上層階のスイートルームか、ラウンジが使える部屋を取った方がホテルのサービスをより楽しめるので好きです。

↑ホテルのラウンジ(クラブルームとか名前は違うところも)

そうでないと、それなりの値段を払ったのにもかかわらず、上みたいにフツーの部屋でプールもリゾートほどテンション上がるわけでなし、ラウンジもなしでお楽しみポイントのない中途半端な滞在になってしまいます。

おそらく観光する人にはいいんですけどね。

あとはジムやプールがあるので、運動目的でも連泊します。

リゾート系ホテル

これこそ良くも悪くもノマドワーカーのイメージだと思うのですが、これはそのまま、海のあるところが多いかな。

こういうところだと作業の仕事というか仕事自体をするのがもったいないような環境なので、

・長期目標を決める

・アイデア出し

など自己啓発や右脳系のことが向いています。私は、「人生の、重要だけど緊急ではないこと」に取り組む時間のイメージ。

または仕事はしないで、読書や瞑想、プールという何もしない贅沢を楽しむのも超あり。

ただ、2週間くらいそれをやると、社会復帰困難なダメ人間になります

リゾート系ホテルは、広いおしゃれプールやホテルの専用ビーチなどホテルの施設を楽しむならあまり部屋にいないので、部屋自体は高いところではなく、抑え気味でもあまり満足度は下がりません。

いいホテルの施設が使える、隣のグレードの低めの系列ホテルとかもコスパ長期滞在できるコツの一つかもしれません。

逆にヴィラなど、部屋のグレードを上げることを楽しむならそれでももちろんオッケー。

ホテルでの滞在の個人的ポイント3つ

各都市でホテルに泊まってきて、今の所こんなルールにしています。

1)最低2泊以上

理由は、1泊だと15時にチェックインして翌日12時には出ないといけない。

昼間のコアタイムに滞在できないので、ホテルのプールやジム、ラウンジなどを楽しむ余裕がないからです。

ここはゆとりを持って最低でも2泊以上でゆったりホテルを楽しみたいところです。

私は、都市系ホテルは1件につき2・3泊、リゾート系ホテルは2〜10日ほどの滞在が多いです。

2)バイキングや食事は外せるならなしにする

これは以前Twitterにリアルタイムで上げたものですw

バイキングや旅館の食事って旅行での楽しみの一つだったりするのですが、ノマド生活だと長期滞在になるので、宿泊施設で出される食事は避けた方が無難

食べ過ぎて能率が落ちるし、体にもよくない。街のご飯を食べられなかったり、何より2泊目以降から純粋に飽きるし辛くなってきます…

日本でも、旅館で毎日朝も夜にもたくさんの料理が出てくるのが苦痛でした。時間も決まっていてその時間に宿に食べないといけなくなるし。

がっつり毎日オッケーな人や、同じものが続いても平気、量を調整できる、引きこもりたい人、はいいですが

あるだけ食べてしまうのに胃腸が強くない人にはオススメしません 笑
私だけ?

ここは生活し始めて気づいた盲点でした。

3)この場所で動きたくない!って場所があるところにする

ホテルを決めるときに、この場所で過ごしたい!って場所があると満足度が高まりやすいです。

南の島のホテルのここで、何もしないぞーー

とか

このホテルのプールで読書ざんまいするぞー!

とか、この部屋のここで!とか、自分が心地よくずっと過ごせそうな居場所の目星をつけておくと、ホテルでの引きこもり滞在をより楽しく、外さないかなと思います。笑

それでは楽しい、ホテルノマドライフをお楽しみください^^

 

次は、エアビーの話。

高級ホテル滞在は最高ですが、ずーっといたいかというとそうではないなーと思います。やはりちょっと非日常空間を楽しむ場所なのですよね。

かなり予算を上げないとキッチンがないところも多いので、そうして暮らしを楽しむときはエアビーを使います。

ではまた次回!

-ノマド生活

Copyright© 世界で、ゆる暮らし。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.