MENU

ノマド報告バリ島編 いろいろ初めてのノマド旅

先日、有休消化もあって初めての海外長期滞在をしてきました。(と言ってもチキンに10泊程度)

行った先はバリ島。物価の安い南国でゆるゆると作業やお散歩、楽しい日々でした。

では、ノマド旅の準備を兼ねて行った報告をしますね。

 

【期間】


7月11日〜21日 10泊

7月は日本人はいないもののバケーション期間なのか人が多くて渋滞もすごい。
雨期でもいいから人の少ない時期でもいいかもって思いました。
日射しは強いけど、日本の方が蒸し暑く、バリは過ごしやすかった感じがします。

 

【目的】


●Whyバリ島?
ノマド滞在地探しの一つ。
始めての海外がバリで超短期滞在だったので、ゆっくりすごしたいなと思ったから。

●やること
・ノマド準備
・読書
・大学の勉強
・無事に海外一人長期滞在する

●やりたいこと
・良い感じの場所でだらだらするのと仕事する
・安いマッサージを受ける

●やってみること
・初長期滞在なので、初洗濯を出す
・クレジットカードでキャッシング(両替が安いらしい)
・長期滞在のホテル探し、安めの色々な価格帯で泊まってみる

 

結果、やりたいことやることは殆どできました。
だらだらしているとあっという間に過ぎるけど、それもよしってな感じです。

 

【泊まったホテル】


2泊くらいアマンとか泊まろうかと思ってたのですが、今回は長期滞在のホテル探しという趣旨があるので、値段を1泊5,000円以下で探しました。

また細かく紹介しますが、ざっとこんな感じ。
・スパーサスホームステイ(3泊・2000円/泊)
ここだけウブド。内陸の森の方です。
毎日違う手作り朝ご飯が部屋の前のバルコニーで食べられたり、常にお茶用のお湯が用意してあったりおばーちゃんちのようにくつろげる感じが気ままで最高。

・プリデワホテルヴィラ(3泊・5000円/泊)
ここからがレギャン。ビーチ周辺の地域だと思ってもらえれば。
結果ここが一番高いホテルに。ヴィラなので外にソファとテーブルの広いプライベートスペースがあって快適。
朝ご飯がいつも一緒だったので3泊目は食べず。

・モノステル(1泊・1000円/泊)
カプセル
綺麗だけど鍵付きの引き出しがあって、荷物の出し入れが面倒。
やっぱ人がいるのは落ち着かない。シャワーがトイレの真隣で落ち着かない。
しかし共用スペースで作業出来るのは良い。
生演奏が良いけど寝る時はなし。結果作業はここが一番はかどった。

・レギャンヴィレッジホテル(3泊・3000円/泊)
ビーチまで徒歩数分。広い綺麗な部屋にバスタブやバルコニー有り、ホテルにはレストランやプールもあって快適。wifiが一番弱かったのが残念かな。

長期滞在においてホテルの泊数は迷うところですが、今回やった3泊ごとだと移動と開拓に挟まれて意外と時間がないなぁと思いました。
でも増やして変なホテルでも嫌なので、もっと長期滞在するときは後で連泊を追加するのが良いかと。

@ホテルの決め方@
バリの宿泊施設はピンキリで沢山あるので迷いました。

結果、私が決めたのはこんな方法。
・値段(5000円以内)
・設備やサービス(シャワーと出来ればバスタブ、綺麗そうか、朝食ありか)
・立地(大通りに近く人通りの少ないところでないか)
という譲れない部分を見てから、後はそのホテルでここで作業(またはだらりと)するんだろうなーって姿が想像できる場所があるところ
にしました。

そうするとだいぶ絞れます。

このバルコニーで作業したいなーとか、このビーチでだらだらしたいなーとかゆるゆる過ごすお気に入りにしたい場所が思い描いていられるとわくわく度と実際の作業までの道のりが違います:)

【費用】


・航空券(成田⇄バリ直行)
エアアジア 49,000円(往復席のアップグレード付)
・宿泊費 34,000円
・食費 11,400円
・現地交通費 6,500円
・その他(マッサージとかお土産とか) 8,020円

合計:約11万円

長期滞在に慣れないので、どこまで費用をかけるのか悩ましかったです。
今回は普通の旅行より贅沢しないけど、節約バックパック旅行のように我慢はしないくらいで過ごしました。

全体では滞在費半分、航空券が半分。
航空券のアップグレードは往復で1万円くらい。これは当たりで、アップグレードの席には往復殆ど人がいませんでした。(60席以上あった中で5人のみ)3席占領できて満足。

無駄だったのは現地の移動費。
手間取りたくないのであらかじめ空港の往復と現地の長距離移動を手配していったものの、もう少し安く押さえられたと思う。
クラクラバスという日系のバスはJCBカードを持っていればタダで乗れるとか、これを使えば空港は徒歩で行き来できると思うとか。次回は多いに活用します。

食事は観光客向けの店で取るのがメインで、朝食は宿泊に込みのホテルにて。
運動量も少ないので一日2食が多かったです。
観光客向けの現地料理なら600円前後、ちょっと良いところだと1000円前後です。
1,500円以上出せば結構良いところで食べられます。

マッサージは4回受けました。90分3,000円くらいの中流のところと、60分1,200円くらいのと、あと60分600円くらいのを2回です。安くて幸せでした。

今回のこれくらいの費用感を目安にすると1ヵ月の滞在費は航空券別で生活費15万くらいになる計算。

もっと抑えて最低限で過ごすなら
・一泊1,500円×30=45,000円
(ホットシャワー、個室又はときどきドミ、朝食付)
・食費1日500円=15,000円
(地元ワルンと観光地向けのところ併用)
・その他 20,000円(マッサージや交通費)
で8万円くらいでも充分やっていけるかな。

【荷物】


25ℓリュックに8割。6kg弱くらいで詰めました。
あと薄い布の手提げバッグに手回り品を。

●入れたもの
服・下着・部屋着
水着
洗面用具(化粧品含む)・サプリ
mac・iPhone・DS・充電器・変換アダプター
本4冊
パスポートと財布(現金とカード)

●持って行かなかったけど必要だと思ったもの
・薬類。
全く持って行かなかったけど、長期滞在向けに腹痛とか起こした時のために風邪薬と正露丸、消毒と絆創膏くらいいるかも。(抗生物質以外飲んだ事ないのでよくわからない)
・虫除けと言うか押すだけベープ的なもの。
そんなに虫いなかったし刺されない方だけど、部屋に入り込むとうっとうしいので。
・防犯の何か
何もしていないので、リュックも変えたりワイヤーとか南京錠とか考える
・これ以上滞在期間を増やすなら爪切りと耳かき

●いらなかったもの
荷物が少なかったので殆どなかった。日焼け止めや水着とか結果使わなかったものとかあるけど、いらないわけじゃないので。強いて上げるなら・・
・本
思ったよりかさばるので電子化やコピーで少量にしたりして減らしたい
・DS
3DSじゃないです。DSです。行きの飛行機で少しやったくらいで、現地ではやらなかったです。なくてもやってはいけると思う。積みゲーはいつ消化すればいいのか・・

【感想】


思った事メモったので羅列します。

一人旅は5年ぶりくらいだったので寂し死にしないかと思ったけど快適すぎでした。バリは物価安くて最高です。

wifiはカフェにもホテルにもかなりあるのだけど、ホテルのは部屋に入ると弱くなったりするので、Web会議とか重いデータを扱うならきちんと裏取ってから開始しないと迷惑かけるかも。

PC作業について、コワーキングやカフェは使わずにホテルで作業を目指しました。でも1回だけ使ったホステルの共用スペースやカフェが一番はかどったのでやっぱり人の目大事。
夕方出かけるのが涼しくて良いので、朝と夕方出かけて日中作業でもいいかも。

途上国だとキッチン欲しいようなあってもやらないような。
ただ毎回外食は若干面倒。とは言えすぐ食べられる軽食がないのでそれは不便だったかな。

仕事が動きだすと現地SIMと海外電話ないと不安。(IP電話を最終日に契約した)

今後ノマドで仕事をするにあたって、データ管理をしっかりしないといけない。何かでPC壊れたら詰むからもっと頑丈なケースがいるかも。

【次にやりたいこと】


またバリ島に来たら

・もっと長期滞在したい
・ロンボク島行く
・エアビーで滞在してみる
・安そうだからフィットネスジム行ってみたい
・もう少しローカルな安ご飯を試したい

って感じかな。

仕事も本格的に動いてなかったので、思う存分好きなことしました。
体調も崩さず楽しんでこられてまずまずの出だしです。

帰って来て1週間ですが、また行きたいですね!

また余力があれば細かいことも書きたいと思いますが、とりあえず。これで。

次回はタイを予定しています!