MENU

春の陽気の台湾で安うま飯三昧と、拠点について考えた。

今回は、初の台湾に11泊の旅程で行ってきました。

【目的】


なぜ台湾か?というと

バリ島・タイに続いて、ノマド滞在地探し。

実を言うと、これまでまっったく頭になかった国だったのですが、香港と台湾の位置関係もわからないくらい周りで行く人が多かったので気になったのがきっかけ。
あと気候が良いと聞いて寒い日本から出たかったのも大きいです。

と言うわけで、台湾、こんな感じでした!

●滞在先
高雄、台南、台中
(メジャーな台北は今回行かず)

●結果
・ノマドワークについて
広くて安くておしゃれなカフェが多くて、wifiも問題なし。
お茶の種類が豊富で、カフェインの苦手な私にとってすごく嬉しかったり。
台湾カフェ
(飲み物の金額は200円前後。ケーキと合わせても500円以下!)

・滞在について
何を食べてもご飯が美味しいのに驚きました。しかも安い!(1食200円台〜)
やっぱり日本に近いだけあって、食べやすい物ばかりです。

台湾ご飯

▲駅前の食堂、約250円

台湾屋台ご飯

▲屋台飯、約200円

また、滞在した12月上旬は春の陽気で、夜は肌寒いものの、お昼は半袖でも良いくらいのポカポカ陽気。日本に比べてとても過ごしやすかったです。

うーん、なんだか思ったより、良いぞ、台湾。

 

ゆるノマドの一日


観光もしないで仕事もそこそこで、何してるんですかって思われていそうなので、何もしてないんですけど台湾での1日の過ごし方を書いてみました。

【拠点】
・2,000円前後の安くて綺麗なホステルに滞在
(そこそこの一人部屋なら6,000円くらい)
台湾ホテル

・昼までベッドでダラダラする

・昼から町歩きをして、見つけた所やオススメされた所でご飯を食べる

・ホステルの共有施設やカフェ、図書館で作業や読書など
高雄図書館
▲高雄の図書館

・暗くなったら夕ご飯
お昼みたいに安いご飯か、夜市か、時に700元くらいの中華までピンキリ。

・飲んだり遊んだり
台湾ゲームセンター
▲台湾一のおすすめスポット?のゲーセン。1プレイ20円で、あるシューティングゲームをクリアするという夢を叶えました 笑

台湾バー
▲日本でもないくらい、めちゃくちゃ味のあるオシャレなバーも

・ホステルに帰って夜中までダラダラする

観光も何もしてないですけど、幸せですね 笑

そんな思った以上に過ごしやすい台湾ですが、拠点にする点についてはどうか?
同じくノマド人気国のタイと比べて考えてみました。

文字ばかりなので興味のない人は飛ばすと良いよ!

台湾を拠点にすることについて


前回のタイの訪問では、下記の理由で拠点としてありなのでは?と考えました。
・他のアジアが近くて安く行けること
・日本人の行き来があり面白い出会いの可能性

今回の台湾について、主にタイと比べて台湾の良いところはこんな感じ。

【台湾拠点のメリット】
ご飯が美味しい。安いローカル飯が苦になりづらいのでローコストで過ごせる
ビザが90日(タイは30日)
・治安がいい(カフェでPC置いて行けるレベル@管理は各自の責任で!)
・日本より東南アジアが近い

で、タイと比べて拠点にするのに感じたデメリットは以下。

【タイ拠点のメリット】
リゾート地が豊富、台湾はリゾートではないので暑い時期は多分苦痛
・タイは地続きで他国と隣接。台湾は海外に飛行機で出ないといけない
・物価は場所によったりまだなんとも言えないけど、タイの方が安い?ただ食事によっては台湾が安くなるかも

あと台湾単体のデメリットしてはこれ。

【台湾デメリット】
・体感はしないけど空気が悪い
中国語が出来ないと南方やローカルは過ごしにくい気がする

こうして見てみるとメリットはあるものの、夏はリゾートでもない土地でめちゃくちゃ暑い台湾に滞在したいかと言うことを考えると、1年住みたいかと言われたらNOだなと思うのが今の考えです。

ただ、タイと台湾は結構別物で比較できない魅力があるので、それぞれ適度に行き来するのが今は楽しそうかなと。

そう思うと、拠点自体が必要なのかな?と言う思いにもなり、しばらく拠点は持たないと思います。
好きな滞在地を探して、そこに何度か行くスタイルをしばらく続けたいです。

という訳で、台南で滞在したホステルがなかなか良かったので以下に紹介しておきますね。

【良き安いゆるだらホテルの紹介】


オールドマンキャプテン(1泊1850円)
台南駅の超駅前、古いけど清潔、スタッフが親切、朝食あり
台湾ホステル朝食
▲パンだけの簡単朝食

▲作業にぴったりの共用スペース

▲カーテンあり、コンセント付きベッド

ジャーニーホステル(1泊2393円)
駅裏徒歩7分くらい。めちゃ綺麗

▲外観

▲ベッド

節約気味で取りましたが、寝るだけなのでもう全然問題なし。
どちらも作業場所がありますしwifiも早い。
1ヶ月滞在もできるんじゃないかなーと思った次第です。

【費用】


費用は目安。11泊です。

・名古屋⇄関空 5,000円
・航空券(関空⇄高雄)約2万円
・宿泊費 26,000円
・食費 16,000円
・交通費 4,000円

合計:71,000円

食費はもっと下げられるかな。
交際費で一人1500円くらいで飲んだりもあったので、一日多く見て1000円、安く済ませるなら500円くらい?次はローコストの長期滞在をしてみたいです 笑

【感想】


台湾、まずは思ったより都会!と言うのが第一声。

全く知らなかった国でしたが、滞在するにつれご飯が美味しいと言うこと以外にも、日本と近いことからの仕事の可能性や、人々や文化や歴史の味わい深さと言う台湾の魅力を感じた滞在になりました。

町外れのいい感じの風景になんとも言えない良さを感じたり、日本語を話す高齢者の方とお会いして、言葉に詰まる思いをしたことも。。

あと今回の滞在は知り合いがいたというのが大きくて、

・引っ越したばかりの台中のスナフキンさん(私が海外ノマドを目指したきっかけになったカブさんは不在でした・・)

・書籍発売とアフリカ行きという狭間で会った台南のまえちゃんさん

忙しい中色々教えていただいたり、時間を割いていただきありがとうございました^^

中国語も英語もできない私は、お二人がいなかったらもっとやれることも行けるところも少なかったと思います 笑

【次にやりたいこと】


これまで、訪問する国・した国の歴史や文化について調べたり考えたりしてきて(最近だとドイツとか結構ハマった)

台湾は前述した通り、人々・文化・歴史の味わい深さが魅力に感じたので、その辺りをゆるく深めていきたいなーと思った次第です。

台湾ディープトラベラーのこやまさんのブログが面白くて
https://kanakokoyama.com

また台湾に来たら

・産業遺産の工場見学
・勉強会や、高齢者の方とお会いできる所に行く

といった歴史や人々に触れていきたいなと思いました。

また別のサイトですが、
日本統治時代やそれ以前と古い建物を改装した古家カフェ巡り

なんかも楽しそうですね。

積極的に観光地などに行く訳ではない「ゆる暮らし」ですが、だからこそ目立たないものやその国に根付く魅力を、過ごす中で感じて味わっていければとは思っていて。

色々な国を訪問すると、自分の無知さをとても感じるのですが、それでもまずはそこから。

引き続き、世界でもっと、ゆる暮らしをして行きたいです^^

次回は香港を予定しています!

広告